世の中に様々な省エネ商品、サービスが出回っている現在、省エネ工事に対する不安や疑問をお持ちの方も多いものです。
ここでは、以下の5つのチェック項目で、最適な省エネの工事業者の選び方をご紹介いたします。

エネルギーコストは、電気・燃料・水・廃棄物など、様々な要因が互いに関係しあい、
問題を起こしている場合がほとんどです。
ですから、お客様の困りごとの本質を見つけだし、
最適な解決策を導き出す必要があります。
そのためには、電気から燃料・水・廃棄物まで、
トータルでサポートできる体制が必要になります。

どんなに省エネに貢献できる解決策でも、それ自体があまりにも高価で、
お客様の負担になってしまうようであれば元も子もありません。
省エネはコスト削減のための施策です。
短期的なイニシャルコスト、
そして、中長期的なラーニングコストを考慮し、
大きな投資とならないようにしなければなりません。

現在、多くのお客様から要望が挙がるのが「投資回収3年以内」での解決策の
ご提案になります。かかっても5年間です。
これを一つの指標とし、自身の投資計画が高いのか、低いのか判断材料にしてみてください。

省エネの製品(特に事業所向け)は決して安いものではありません。
それを、営業マンの営業トークを聞いただけで
導入を検討しなければならないなんて酷な話です。
ですから、「無料お試し」「無料効果測定」を実施し、
安心・納得して導入を検討できる業者を選びましょう。

もちろん、新型の省エネタイプの設備を導入すれば省エネ効果は抜群でしょう。
しかし、空調設備をはじめ、照明やボイラーなど、
環境関連の設備はどれも高価なものばかりです。
既存設備を利用した省エネを提案する業者はコスト面からもお客様目線であると言えます。